WordPressのプラグインPinpoint Booking Systemの翻訳をエクスポートする

posted 12月 08 2017

高機能な予約システムが作れるPinpoint Booking System

サロン予約や会議室予約などで使えるWordpressのプラグイン Pinpoint Booking System。
無料プランでも高機能な予約システムを作ることができます。
複数の部屋や人の予約を行う場合は、Pro版(有料)が必要です。

Pinpoint Booking System Proは有料プラグインです。ご購入はこちらから。
Pinpoint Booking System WordPress Plugin

ただし、このプラグインの一番の問題は「翻訳」。
他のプラグインと違って、翻訳が用意されていません。
プラグインの中に「Transration」というセクションがあって、ここで翻訳ができるようになっています。

以前、初めてPinpoint Booking Systemを採用した際に、一度、サロン向けに必要最小限の翻訳をしたことがあります。
今回、またこのプラグインを採用することになり、コピペをするのも嫌なので、翻訳ファイルをエクスポートできないか調べました。

プラグインからは直接エクスポートできないということでしたが、テーブルをコピーしろと書いてあったので、実際にやってみました。
翻訳がエクスポートできる条件として、一度、Pinpoint Booking Systemの翻訳を行ったことがあるということが必要です。
翻訳したことのあるAサイトから、翻訳が入っていないBサイトへ翻訳テーブルをエクスポートすることができます。

参考:https://pinpoint.world/wordpress/support/forums/topic/translation-and-double-booking/

Pinpoint Booking Systemの翻訳エクスポート手順

  1. BサイトのPinpoint Booking Systemの「Translation」→「Manage Language」で日本語をEnableにしておく。
  2. Aサイト側のWordpressのDBをphpMyAdminなどで開き、wp_dopbsp_translation_jaテーブルをエクスポートする。
  3. Bサイト側のWordpressのDBをphpMyAdminなどで開き、wp_dopbsp_translation_jaテーブルを一度空にします。(テーブルの操作のところにあります。)
  4. Bサイト側のwp_dopbsp_translation_jaテーブルにAサイトのwp_dopbsp_translation_jaテーブルをインポートします。

これで簡単にエクスポートすることができます。
サロン向け、会議室予約向けといろいろな用途に使える分、各国語訳は大変だということなのでしょうか?
日本語でも用途が違うと言い回しが違うので、同じ翻訳を何度も使うというわけにはいかないかもしれませんが、最初からと途中からでは生産性も違います。
備忘録兼ネタでした。

翻訳したことがない!翻訳が面倒!という場合は、販売もしております。

Leave a Comment


Your email address will not be published. Required fields are marked *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください